07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
成長
 我が家の次女

中学3年生

特別支援学校中学部に 在籍中

地元の小学校を卒業し のんびりとした環境にほれ込んで 今の学校へ。

山すその 小さな特別支援学校

地元の 小学生時代  誰もが 認める 大変な児童

プール・・・入りません

教室・・・気が向いたら 入ります

たいそうふく・・・着ません

学校行事・・・・参加しません

ランドセル・・・使いません

給食・・・・食べません

勉強・・・・気が向いたらします

学校・・・気が向いたら 行きます

先生の指示・・・・聞きたくないです






などなど      で   6年間過ごしました

もちろん 特別支援学校の 入学体験

みんなと同じ事をしてないです

工作しましょう・ビンゴゲームしましょう

のとき  固まって  離れて いただけ

なのに この学校が気に入り 入学した

入学式も 集合写真のために 今いる場所を移動 なんてする気もなく・・・・・

そして 今 3年生

今年になって ようやく 体操服を着始めた

プールに入るのに 着替えはじめた

授業時間 教室にいることが増えた

大きく大きく 成長しました

スポンサーサイト
私生活トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
仕事仲間
私の仕事は CDやDVD ゲームなどを販売するのが主

レンタル屋さんだが レンタルとは 建物が別

1人で レジと 商品展開など 行う

今なら ケツメイシ、グリーン など

もちろん 開店時間中 私1人で店番なんて出来ないので

数人のスタッフが 1人で この建物に配置になる

といっても ココ専属スタッフは 私と もう1人のMちゃん

Mちゃんは まだ 研修が取れたばかり

でも 以前3ヶ月いて 3ヶ月の休みのあと 7ヶ月 

トータルで 10ヶ月働いてることになる

みんなからは 不思議ちゃん  と呼ばれてるMちゃん

きっと あれに間違いないだろうなぁ?  と思いながら 接客業やその他業務を 少しずつ 教えている

最初は メモも取らなかった彼女が ようやく メモを取り始めた

しかし・・・・・・・・

新しいことを 3つ覚えると 2つ忘れ・・・・・・・・・・・・・

たくさんの 仕事を前にすると 何も出来なくなり

優先順位が 分からなくなったりする様子

昨日は お客様からの電話を受け

相手の名前を聞き間違ったうえに 電話番号を聞くのを忘れてた

なのに  後で こちらからかけなおすと 伝えたらしく

そのまま 彼女は 帰宅。

彼女が残したメモには  ひらがなだけで書かれたメモ

しかも 読めない・・・・が

この前は 来店中のお客様に 注文お願いしますと 言われ

商品だけを聞き 相手の名前と 連絡先を 聞き忘れてしまっていた

人との付き合い方が苦手

という彼女だが

不思議な空気に魅かれてか  彼氏が 入れ替わり立ち代り 出来ている

そして 彼氏とともによく一緒にいるんだよなぁ?

本当に不思議な奴

でも 不器用ながらに 頑張ってるんだよなぁ?

だから つい からかってやる

意地悪してるわけでないよ

私も ドジなところを見せた上で 「みたな?!!」

なんて やってるだけで・・・・・・

優先順位も 紙にメモして

1・2・3 の順で やってね

って してみたり

以外に こういう子達の 性質知ってるだけに ね?

こういうときでも お役に立ちます



未分類トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
次女の進路
さて 我が家の 自閉症児 次女 このりん

この春から  中学部3年生です

一般でいう 受験生です

このりんは 特別支援学校(旧 養護学校) にかよっており この学校では

高等部もあります












なのに













なのに













「一般入試 したい}













なんて 言い出すから さぁ  大変


予定が狂った








なにしろ  学習なんて  小学時代 学校へ 行ってないんだから


勉強大嫌いで まともに やってないから

小学 3年生レベル


とりあえず  5年生の妹の 漢字ドリル 片手に 漢字練習開始


漢字  新聞記事が読めるくらい たいていの 漢字は 大人 並み に読めます


服装にもこだわりありで  黒のジャージのみだった のだが

今は たいそうふくにもチャレンジ中

たまに 姉の 高校の制服に チャレンジ

「スカート きもい」 といいながら・・・・・・・・・・・・・・

うるさいところ においのあるところ 人の多いところ 学校行事ETC

嫌いなこと  苦手なこと いっぱいです

こんな このりんでも 受験OK って言ってくれるところがあるのだろうか・・・・・

きっと 受験というものを経験したいだけだと思うのだが・・・・・




そして 中学部卒業後は 就職したいらしい。

ここの 支援学校は 高等部になると  アルバイトOK

なので アルバイトで いいと思ってる母

いま  次女は 進路について  深く深く 悩んでます

次女以上に  私や先生が  どうするか 考えております
未分類トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
仕事場で
私の仕事は

CD DVD ゲームを売ってる店の 店員

レンタルや BOOK販売を 別の建物でやっており

そちらが メイン

私のいる場所は 別館で

ほぼ 1人で 売り場の巡回や メインコーナーを作ったり しております

もちろんシフトで 動いてるけれど

ココの担当は 1人♪

しかも 割と 広めの店舗です

売り場で ランキングの確認や メインコーナーが きれいな状態に保たれてるか

常に 見ながらも レジもやります

やはり きちんと見ておかねば

売り場も乱れるし 万引きもあるから・・・・

今日は 私にとって 初体験

終礼の時に 大笑いしながら 初体験報告させていただきました

「それはいやや?????????。レポートにかけない!ひゃ?????」

と 言われてしまいました

実はですね

ある アーチストのメインコーナーを 作っておりまして

シフトインしてから 確認しに 店の奥まで 行くと

そのアーチストの CDの 横に きれいに並べられていたんですね。

コン●ームの袋& 中身

ギョッ!!

そう思った瞬間 レジに お客が並んでるのが見えた

もちろん レジまで ダッシュしなくちゃいけない

なので その コン●ーム

握って走りました

店の中を コン●ーム握って走る店員を 想像してみてください

かわいそうな あたしだと思いませんか?
仕事トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
娘の学校
次女の 学校は 昨年度まで 養護学校でしたが

今年から 特別支援学校と名前が変わりました

この学校は 本当に 次女のために 良くしてくれます

次女が入学し 急成長を遂げたことにより

わが市では 次女の通う 特別支援学校に対しての 見方が変わりました

わが市では O特別支援学校か I特別支援学校が オススメで

必ず といって良いほど

中学部から通うのなら O  高等部からならI

と 決められていたのです

だから 娘が 今の K養護学校を選んだことで 大波乱が起こりました

入学時 通学バスは 隣の市までしか来ませんでした

それは I養護学校も同じでした

わが市では I養護学校の通学バスを ココまで 送迎してもらえるよう

ずっと呼びかけておりました

しかし なかなか 実行されませんでした

娘は k養護学校に行くようになり

k養護学校の校長先生が 娘の 頑張りに 心打たれ

県の教育委員会に掛け合い

通学バスを わが市に乗り入れることができるようになり

小さいながらも スクールバスを 購入してくださいました

そうなると わが市の 態度は 変わりました

というより 娘の成長を 見てきた他の保護者が

進学先に k特別支援学校(養護学校)を 選ぶようになりました

そうすると わが市でも

支援学校は K校を わが市の指定校にし 特別支援学校を選択するものは

k校に行くようにという 指定をしてしまいました

娘の ほんの少しの頑張りが 多くの人を動かします

本当に 大きく成長したのは k支援学校が 娘にあっていたからであり

すべての人が 合う というわけでもないのですが・・・・・

市の指定校にする必要など無いのですが・・・・・

ただ スクールバスを 購入していただき わが市まで 送迎できるように

なったことは 娘の力と

校長先生の 寛大なる心です
学校行事トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

すっとこどっこい やっちゃん

Author:すっとこどっこい やっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。